公認会計士奥村佳史事務所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目18番12号
お問い合わせ:ここをクリックしてメールフォームからどうぞ

国民生活金融公庫パーフェクトガイド[日本全国対応]
INDEX

商工会議所って何?

マル経融資を受けるためには商工会議所等の推薦が必要になることはわかりました。けれど、皆さんは商工会議所をご存じですか?
商工会議所は、地域の商工業者の利益を目的として色々な活動を行う団体です。商工会もよく似た団体です。
商工会議所と商工会がどう違うかといいますと、最大の違いは区域の違いです。商工会議所は都市部をその区域としています。それに対して、商工会は町村をその区域としています。商工会議所と商工会の地区は重複しませんので、事業所の所在地によってどちらに入るかは自然と決まります。また、商工会議所も商工会も地域を基盤とする団体ですから、事業所の所在地によって、どの商工会議所(或いはどの商工会)に所属するかも決まります。
もし、商工会議所(地域によっては商工会)の会員になっていらっしゃらない場合は、一度会員になることを検討されてみてはいかがでしょうか。商工会議所(商工会)は地域で一定期間(例えば6ヶ月間)営業していれば、誰でも会員になれます。入会には審査もありませんし、他の会員の推薦なども必要とされていません。入会金なども原則として必要ありません。商工会議所(商工会)に出向いて、申込書を記入し、年会費(年間1万円程度)を支払えば簡単に入会できます。
商工会議所(商工会)のメリットはマル経融資だけではありません。生命共済制度に加入できたり、無料で法律相談や経営に関する相談に乗ってもらえたりと中小企業にとっては低コストで幅広いサービスを受けることができます。ですから、年間1万円程度の会費であれば支払っても損はないと考えられます。

 ご相談はこちらからどうぞ

経営指導を受けるのは大変なのか?

商工会議所(商工会)の推薦をもらうためには、商工会議所(商工会)の経営指導を受けることが必要となります。では、この経営指導を受けることは大変なことなのでしょうか?
商工会議所のパンフレットには「経営指導員による指導を受ける」と書かれています。「経営指導」や「経営指導員」という言葉からは非常に仰々しい印象を受けますが、実は非常に簡単なものです。
「経営指導員」は商工会議所等の職員の方々で、地域内の中小企業の経営者の方々の相談に乗ることを主な仕事としています。
「経営指導」はそのような経営指導員の方が2ヶ月に1回程度会社を訪問してくれて、経営者と事業の様子について話をするというものです。指導というよりは、「何かお困りのことはありませんか?」というスタンスで接してくれますので、決して高圧的な知識の押し売りではありません。例えば売掛債権の回収で困っているという相談があれば、無料の法律相談を紹介してくれますし、記帳の方法がわからないような場合は簡単なことであればその場でアドバイスがもらえます。難しい案件であれば、税理士などの専門家を紹介してくれます。しかも、商工会議所等の会費さえ払っていれば追加的な費用は必要ありません。
なお、経営指導を受けるには商工会議所等の会員になることが必要となる場合もありますが、地域によっては、経営指導を受けるだけなら商工会議所等の会員にならなくてもかまわないということもあります。お近くの商工会議所等に問い合わせてみると良いでしょう。

 ご相談はこちらからどうぞ

推薦をもらうのは難しいのか?

では、経営指導を受けたとして、マル経融資を受けるための推薦は簡単にもらえるものなのでしょうか?
結論としては、融資を受けても十分返済できると客観的に判断される会社にとっては、推薦は簡単にえられるものですし、そうでない会社にとっては難しいものだということになります。
推薦がもらえるかどうかの判断材料としては、やはり決算書が最も重要になります。何しろ無担保・無保証人での融資にあたっての推薦をするのですから、業績が順調で財政状態も良好でなくてはなりません。
決算書が良ければ、通常推薦まで6ヶ月間の経営指導を受けることが必要とされていますが、その期間が短縮され、4ヶ月程度でも推薦をもらえる場合があります。
推薦をもらえるかどうかは、経営指導員から話を聞けば大体のところは教えてもらえます。実際には、経営指導員が推薦を受けられると判断した会社を、月に一度開かれる審査会にかけます。審査会では委員の審査を受けることになります。経営指導員も審査会で推薦をもらえないと思うような会社については、初めから審査に回しませんので、経営指導員が審査会に回してくれれば、ほとんどの会社が推薦をもらっているようです。
このように、商工会議所等の推薦をもらうことはそれほど難しいことではないのです。
注意しないといけないのは、国民生活金融公庫が嫌う延滞などの事故があれば推薦をもらうのは難しいという点です。親戚が国民生活金融公庫からお金を借りる際に連帯保証人になったある社長さんは、親戚が国民生活金融公庫への返済をキチンとしていないために、推薦がもらえないままでいます。商工会議所としては、過去に問題が生じている方についてはどうしても推薦しにくくなるのは当然のことですね。
では、商工会議所等からの推薦をもらって、このマル経融資を受けるとして、一体いくらくらいの借入れが可能になるのでしょうか?
先に、マル経融資の条件を列挙しましたが、現在のところ別枠を併せて融資限度額は1000万円となっています。しかし、1000万円の限度額一杯を借りるケースは多くありません。
もともと、マル経融資は従業員20名以下(商業・サービス業は5名以下)の小規模な事業者を対象とした融資制度です。従業員数が20名以下の会社ですと、年商が1億円に達しないケースも少なくありません。必然的に、融資金額も小さなものとなります。平均すると400万円程度のものではないでしょうか。

 ご相談はこちらからどうぞ

国金から借りられなかったら、報酬を全額返金いたします

資金さえあれば、事業の展開が無限に広がるのにとお考えではありませんか?
国民生活金融公庫パーフェクトガイド事務局に寄せられるご相談の大半は、資金調達に関するお悩みです。
最も多いご相談は、国民生活金融公庫から融資を受けることができないため、なんとか資金調達する方法を考えて欲しいというご要望です。
このサイトをご覧になっているあなたが、もし国民生活金融公庫からの借り入れが難しいとお悩みでしたら今スグご相談ください。
私たちは、国民生活金融公庫からの資金調達のプロフェッショナルです。
そして、万一、私どもが申請書類作成をお手伝いさせていただいたにもかかわらず、お借入れができなかった場合には、報酬を全額返金させていただきます。
完全成功報酬型の全額返金保証が私どもの誇りです。
「本当に全額返金保証なの?」と疑問に感じていらっしゃるようでしたら、是非一度お問い合わせ下さい。

 ご相談はこちらからどうぞ

[Home]
ご挨拶
業務案内
出版物
ご連絡
相互リンク
利用規約
国民生活金融公庫からの借入のお手伝い
国民生活金融公庫を上手に利用しませんか?
民間の銀行よりも借りやすい
開業のための資金も貸してくれる
国民生活金融公庫の貸付いろいろ
まずは普通貸付
固定長期で1.85%は破格の低金利!
変動金利と固定金利
返済期間が長い
長期ほど金利は高いもの
無担保でも借りられる
不動産担保は7掛けで評価
保証人がいなくても借りられる
「経営改善貸付(マル経融資)」とは?
商工会議所って?
経営指導を受けるのは大変なのか?
推薦をもらうのは難しいのか?
無担保・無保証だが金利は若干高い新創業融資制度
第三者保証人等を不要とする融資
借りるために必要な手続き
面談が最も重要
担当者が独断で融資を決裁するわけではない
決裁が降りてから融資実行まで
開業計画書の書き方
銀行からの既存融資の借換えはできない
人物次第で借りられることもあれば借りられないことも
信用保証協会を利用した借入のお手伝い
信用保証協会を上手に利用しませんか?
銀行から借りるには信用保証協会
信用保証協会とは?
信用保証協会に対して保証人が必要です
信用保証協会は担保を歓迎してくれる
銀行経由で利用しましょう
信用保証協会を利用することで金利は安くなる?
長期の融資が受けられる
他にもメリットいろいろ
都道府県や市町村の制度融資
記帳代行・税務申告のお手伝い
なぜ会計事務所の報酬はこんなにも高いのか?
年間10万円以下に税理士報酬を抑える方法
経理って何?
経理とは?
「決算」が経理のメインイベント
税金の申告なども決算作業のひとつ
新年度の予算策定
大切なルーチンワーク
現金の動きは毎日記録
現金以外の日々の取引
月に1度の作業も多い
毎月の報告資料作成
月次決算は簡易な作業
試算表の他に必要な資料
1年間の総まとめ!決算作業
資産が本当にあるかどうか数えてみる
決算日からの1週間は各部署に資料依頼で大忙し
資料がそろえば計算あるのみ
最後に外部報告資料を作成する
「経理」と「財務」
お金を借りるためには経理が欠かせない
簿記の基本
「簿記」は経理の基本ルール
簿記の基本ルール
現金の流れに置き換えるとわかりやすい
簿記は5つの要素からなる
総勘定元帳に転記する
試算表を作成する
貸借対照表と損益計算書を作成する
消費税の経理処理
日常の記帳業務
日々の記帳業務
現金・預金の取扱い
売掛債権管理について知っておこう
受取手形管理について知っておこう
買掛債務管理について知っておこう
支払手形管理について知っておこう
在庫管理について知っておこう
経費管理について知っておこう
固定資産管理について知っておこう
有価証券管理について知っておこう
貸付金管理について知っておこう
資金繰りと借入金管理について知っておこう
月次業務管理について知っておこう
決算
税務申告のスケジュール
商法上のスケジュール
決算の方針を決める
売上高と売掛金を確定する
買掛金・未払金を計上する
在庫を評価する(売上原価)
有価証券を評価する
固定資産の減価償却と減損会計
いろいろな引当金
諸勘定の整理をする
税金の申告をする(法人税等・消費税)
報告資料を作成する

Copyright (C) 2005 公認会計士奥村佳史事務所. All Rights Reserved消費税 法人税 札幌証券取引所

公認会計士奥村佳史事務所の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。